スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -

【B日程若干名募集中】名作に学ぶ、写真の楽しみ方【全5回連続講座】 トライアル版

T.I.P OPEN COLLEGE ゼミ
楽しみながら確実に『写真を読む力』をつける
「名作に学ぶ、写真の楽しみ方」【全5回連続講座】 
トライアル版

写真家はアーティストの中でも言葉を扱うのが特に苦手かもしれません。
とくに日本では、あまり語らないことが美徳とされてきた為か
「心で感じればいい」「言葉にできないけど何かは伝わっている」で通じ得たところがあります。
でも、それだけでは「わからない」写真が巷には溢れてきました。
そしてそれらの写真が賞をとったり、ギャラリーで展示されて評価を得ています。
もしそんな写真が自分の力で読み解けるようになったら、写真はもっと楽しくなると思いませんか? 
読むことで、あなたがその写真の価値を高めることだってできるのです。

このワークショップは、全5回のカリキュラムを通じて楽しみながら「写真を読む力」を得ることを目的にしています。
知識をただ丸暗記するのではなく、自分の言葉で伝える事が出来るようになることがゴールです。
そのため、ワークショップは毎回テーマをもとに、写真家の名作を例にしながら、講義+ディスカッション形式で行われます。
意見を言うのは苦手という人にも考慮してあり、知識やキャリアにかかわらず参加できます。


この講座を受講する事で以下のようなメリットがあります。
月一回の講義なので自分のペースで受けられる
知識を覚えるのではなく、写真を読みとく力を得ることができる
楽しみながら、写真家の作品や写真の歴史の知識が増える
写真だけでなく、映画、本など写真に関連する名作を通じて広い視点を得られる
写真について熱く語り合える仲間に出会える
わからなくて諦めていた写真も「そうだったのか!」という視点に変わる
人の写真を見て、感覚に頼らないコメントを言えるようになる

このワークショップは次のような人におすすめです
・最近、見ても良さがわからない写真が多い
・写真の感想を聞かれて、うまく答えられず困る
・写真を見るだけでなく、読んだり味わったりしたい
・古典の写真家や写真の歴史にも興味がある
・撮るのと同じか、それ以上に見るのが好き
・楽しみながらレベルアップしたい
・熱いイベントが好き

全五回のテーマは下記を予定しています
第一回 「写真を見る、とは何を見ることなのか?」
第二回 「写真の価値は何で決まる?」
第三回 「窓と鏡を超えて」
第四回 「まずはツッコんでみる」
第五回 「写真を読む 写真に語る」

ワークショップ終了後には、時間に余裕のある希望者を集って
銀座のギャラリー巡りなども予定されています。(自由参加)
ぜひ、このワークショップを通じて、写真を読む楽しみを自分のものにしてください。






<< 講座開催概要>>

日時
【満席】2012年8月4日(土)、9月1日(土)、10月6日(土)、11月10日(土)、12月1日(土)14:00〜15:30

【追加B日程】
2012年8月18日(土)、9月29日(土)、10月13日(土)、11月17日(土)、12月15日(土)13:00〜14:30

会場
TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY
〒104-0031 東京都中央区京橋3-6-6 エクスアートビル1F

参加費
20,000円→ 今回のみの限定トライアル価格15,000円!!
(次回以降は20,000円となります。)
お振込みにて事前にお支払いください。
定員:20名(最少催行人数10名)

講師:内田ユキオ

プロフィール:1966年新潟県生まれ。
公務員を経て1995年にフリーとして活動開始。
タレントやミュージシャンなどコマーシャルの撮影を行うかたわら、
モノクロで街を切りとったスナップも多く発表している。
カメラ雑誌などでも執筆を手掛け、著書に「ライカとモノクロの日々」
(エイ出版)などがある。
現在は写真教室の講師などマルチな写真活動をしている。


司会:速水惟広 (PHaT PHOTO編集長)

写真ディレクター。写真雑誌「PHaT PHOTO」に携わりながら、国内外で写真展および写真イベントを企画。2011年ニューヨークフォトフェスティバルにて御苗場 in NYをディレクション。株式会社シー・エム・エス所属。

皆さまのご参加をお待ちしております。
お申込み方法はこちら


1. お申込みフォームを下記より送信してください。
http://tip.or.jp/uchidazemi.html
2. 自動返信メールにて確認と、振込でのお支払方法のご連絡を致します。
お申込みフォーム送信から1週間以内にお支払いください。
万が一メールが届かない場合は、事務局にご連絡をください。
mail@72gallery.jp

3. お支払をもって受付完了となります。
銀行の振込明細書をもって、領収書にかえさせていただきますので、大切に保管してください。

注意事項
* 録音や録画などはできません。
※当日の予定は状況により変更となる場合がございます。
その際はメールにてお知らせ致します。
※最少催行人数に達しない場合、不催行となる場合がございます。
※お振込み後のキャンセルはいかなる理由でもお受けいたしかねます。
※お申込み後のキャンセルについては下記の通り料金が発生致しますので、あらかじめご了承ください。
開催7日前〜5日前のキャンセル・・・料金の30%
開催4日前〜2日前のキャンセル・・・料金の50%
開催前日・当日のキャンセル・・・料金の100%

ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
皆さまのお越しをお待ち申し上げております。


★Follow us!!@Facebook★
http://www.facebook.com/TIP.72Gallery
=================================
TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY
72Gallery
〒104-0031東京都中央区京橋3-6-6エクスアートビル1F-2F
TEL:03(5524)6994
WEB→ http://tip.or.jp/
BLOG→ http://tip-72gallery.jugem.jp/
mail@72gallery.jp
月・火休館
=================================

スポンサーサイト

It comments.










Track back Url of this Article
http://tip-72gallery.jugem.jp/trackback/135
Track Back